2009年07月14日

Windows SkyDriveのAPI/SDK

先の記事で紹介したGladinet Cloud Desktopのようなツールを自作してみたいと思い、Windows SkyDriveのAPIあるいはSDKをMicrosoftが公開していないか探してみたが、どうも見当たらない。

残念。

その代わり、GPLのオープンソースのプロジェクトでSkyDrive .Net API Clientなるものを発見。だが、こんな但し書きがある。

SkyDrive Client uses the same communication protocols as a web browser: it's requesting HTML pages, parsing them (thanks Html Agility Pack project) and posting back HTML forms filled appropriately. Consequently, SkyDrive WebClient heavily depends on the design of SkyDrive's HTML pages, even small design or structural changes could easily break partially or completely this library - please keep this in mind when you are about to use it in critical/billable projects!.

つまり…

SkyDriveのHTMLをパースして動作するため、SkyDriveのHTMLの作りにどっぷり依存しているので、SkyDriveのHTMLの作りが変わると動かなくなってしまうよ。

…ということ。

ならば、Gladinet Cloud Desktopも同様であろうから、これもいつ動かなくなってもおかしくないわけね…。あらら。

自前でSkyDriveアプリケーションを作るのも時期尚早だな。
タグ:SkyDrive
posted by 中年男 at 20:07| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows SkyDriveをマウントする

Windows Liveが提供する無料の25GBのオンラインストレージ…Windows SkyDrive。

これをマウントする方法がないか色々調べてみたところ、いいソフトがありました!

Gladinet Cloud Desktopというソフトです。なかなか便利。デジカメの画像のバックアップに持って来いです。

ダウンロードは以下から
http://www.gladinet.com/p/download.htm

あまり大きな声では言えませんが、複数のLiveIDを確保して複数のSkyDrive領域をマウントすることもできます(^^)

尚、このソフトが対応している他の無料のオンラインストレージとしてはADriveもあります。こちらは、SkyDriveと違って大きなファイルも保存できますが、実際に使ってみると、非常に遅いばかりか接続がすぐ切れてしまい使いものにならないと判断しました。

Windows SkyDriveにMP3なんかも保存したいんですけど、著作権違反で削除されちゃうかな…
タグ:SkyDrive
posted by 中年男 at 17:08| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。