2009年07月25日

超便利! Windows Virtual PCの仮想アプリケーションモードがとっても使いやすくなるツール『Vista Start Menu』

Windows Virtual PCの仮想アプリケーションモードがとっても使いやすくなるツールを発見した。

仮想アプリケーションモードを使い始めると、仮想アプリケーションの登録作業がうっとおしくてたまらなくない。そう感じたのは私だけではないだろう。

仮想アプリケーション使用中に別の仮想アプリケーションを追加したくなったなら、仮想マシンを仮想デスクトップとして起動しなおす必要があるし…(仮想ブラウザからインストールできるものはそこまでしなくても良いが)

せめて、スタートメニューを仮想アプリケーションとして起動できないものか…そう考える人は多いだろう。

そんな人にお勧めなのが、

Vista Start Menu

である。

これは、別に仮想アプリケーションモードを使いやすくするために開発されたものではない。あくまで、Windows XPやWindows Vistaに標準装備されている[スタート]メニューに代わる便利なプログラムとして開発されたものである。

通常のスタートメニューは単独のアプリケーションとして存在するものではなく、explorer.exeの機能の一部であり、タスクバーを表示するような特別な動作状態にあるexplorer.exeからしか起動できない。しかし、『Windows Virtual PCを解剖する その6』にも書いたように、仮想アプリケーションモードでは、そのような特別な動作状態のexplorer.exeを使うことができない。

この『Vista Start Menu』は、タスクバー上のスタートボタンを押したら起動され、結果としてexplorer.exeのスタートメニュー機能をうまく置き換えるのだが、実態としては単独のアプリケーションなのである。

頭の回転の速い人ならもうお分かりだろう。GuestOSに『Vista Start Menu』をインストールすると、HostOSのWindows7にも仮想アプリケーションとして登録されるため、仮想アプリケーション用のスタートメニューをいとも簡単に手にいれることができるのだ。仮想アプリケーションとして登録されるということは、GuestOSのスタートボタンがHostOS上になくても大丈夫なわけでもある。

是非、お試しあれ。便利だよ〜。

私は、デスクトップ上に仮想『Vista Start Menu』のアイコンをおいて使うようにした。
ラベル:Windows7 XPモード
posted by 中年男 at 22:09| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows Virtual PCを解剖する その6

今日は、仮想アプリケーションモードを解剖してみた。

まず、Virtual Windows XP上のタスクマネージャを仮想アプリケーションとして登録し、これを仮想アプリケーションとして起動してみた。

すると、面白いことに気づく。

なんと、仮想アプリケーションモードでは、GuestOS上でexplorer.exeが起動されていないのだ。

代わりに見慣れないプロセスが起動されていた。

それは、rdpshell.exeとrdpinit.exeである。

早速ググってみると、あるページがヒット。

これによれば、rdpshell.exeとrdpinit.exeはサーバーOS上で動作するアプリケーションをクライアントOS上に表示する機能RemoteAppで使われるモジュールであり、explorer.exeの代わりに使われるものらしい。

ただし、ここでいうexplorer.exeはタスクバーなどを表示するなど特別な動作状態のexplorer.exeを指している。

仮想デスクトップ起動中に仮想アプリケーションを起動しようとすると、仮想マシンの再起動がかかるのはこういうRemoteAppの仕組みに切り替えるためだと考えられる。

Windows Virtual PCは、仮想デスクトップ(統合機能有効状態)、仮想デスクトップ(統合機能無効状態)、仮想アプリケーションという3つの使い方を提供するが、それぞれGuestOSの状態が異なるような実装になっていることがわかった。

要は従来のバーチャルPCにリモートデスクトップやRemoteAppの機能を部分的に組み込んで機能を拡張したような形になっているわけだ。

この3通りの実装を1つに統合してくれると使いやすいのだが…ちょっと残念だな。

ちなみに、RemoteAppもリモートデスクトップサービスの機能を使うため、やはりWindowsXP Home EditionがGuestOSのときは仮想アプリケーションの機能は使えないだろう。
posted by 中年男 at 21:37| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows Virtual PCを解剖する その5

とりあえず、これが、一連のWindows Virtual PCに関する投稿は最後になるのだが…

Windows7RC版をGusetOSにして気づいたことが2つある。

@統合機能を有効にするとAeroが有効になるが、統合機能を無効にするとAeroも無効になる。意外なところにも影響があった。

AWindows7RC版をGuestOSとして仮想マシンを作ったら、スタートメニューに、GuestOS上のShapeCollectorというアプリケーションが仮想アプリケーションとしてHostOS上のスタートメニューに自動登録されたが、試しに起動してみたら…以下のような結果。

ShapeCollector.jpg

Microsoftの間抜けさに思わず笑ってしまった。

GuestOSをインストールしたあと、どのタイミングかわはよくわかならないのだが(多分統合機能をインストールしたタイミングだと思うが)、GuestOSのレジストリには、仮想アプリケーションとしてHostOSに登録させないアプリケーションの一覧が作成される。そこに登録されているアプリケーションは、仮想アプリケーションをHostOSに登録する手順(後述)を実行しても登録されないようになっている。

ならば、こんなエラーの出るようなアプリケーションは自動的に仮想アプリケーションとしてHostOSに登録されないようにすべきだよね。ちょっとお馬鹿なMicrosoftさんでした。

ちなみに、GuestOS上のアプリケーションをHostOSに仮想アプリケーションとして登録するには、『スタートメニュー→すべてのプログラム』を右クリックし、『開く– All Users』を選び、そこにショートカットを作成すれば良い。アプリケーションの新規インストール時は、『すべてのユーザー』に対してインストールすればOK。
posted by 中年男 at 00:27| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows Virtual PCを解剖する その4

Windows Virtual PCの『統合機能』に関連して気になることがあった。

その2にも書いたが、統合機能の有効/無効を切り替えると、GuestOS上のディスプレイドライバが変わる。ということは、統合機能の有効/無効の違いで描画パフォーマンスに差が出る可能性があるわけだ。

早速、CrystalMark2004R3を統合機能の有効/無効のそれぞれの状態で実行してみた。

まずは、有効のとき。

IntegrationMode.jpg

次は、無効のとき。

NonIntegrationMode.jpg

統合機能を有効にしたときの方が、2Dのパフォーマンスが良いことが伺える。統合機能を有効にすると、画面転送に最適化されたリモートデスクトップ用のディスプレイドライバが使用されるためと考えられる。
posted by 中年男 at 00:06| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。