2009年08月06日

PowerDVD 9 ultraのTSファイル再生はとても安定している

PowerDVD 7をエンジンにしてtvtestで再生しながら録画すると、再生がしばらく固まってコマ落ちすることがあったが、それがなくなった。

また、MediaPlayer ClassicやVLCでのTS再生には、まだ色々不具合があって、状況により使い分けていたが、PowerDVD 9 ultraを導入してからは今のところは特に不具合もなく、これ一本でいけそうな感じ。

ただ、残念ながら、タイムシフト再生には使えない。タイムシフト再生するときは、VLCを使うしかない。

CyberLinkさん、タイムシフト再生できるようにするアップデータだしてくれ!

こんなの実装するの簡単だろ?

再生中のファイルサイズを定期的にチェックして、管理情報の一部を適宜訂正するだけのことやん。

posted by 中年男 at 21:38| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

New Features in Windows XP mode RC

Windows 7開発チームのブログのNew Features in Windows XP mode RCという、Windows XP mode RCの解説記事を訳してみた。

・Windows7のタスクバーから直接、XPモードで動作するアプリケーションにUSBデバイスを割り当てることをできるようにした。これは、ベータ版では、フルスクリーンモード(すなわち仮想アプリケーションモードではなく仮想マシンモード)で仮想XPを起動しなければできなかった作業である。

・XPモードのアプリケーションも、"ジャンプリスト"でアクセスできるようになった。もちろん、XPモードで最近使用したファイルもジャンプリストから開くことができる。

・XPモードの差分VHDファイルの置き場所を変えられるようにした。

・XPモードとWindows7の間のドライブ共有をできないようにすることもできるようにした。(訳者注:これは統合機能有効時にXPモードから見えていたWindows7のドライブを見えないようにすることもできるようにしたということだろう)

・初期セットアップに、XPモードの使い方についての新しいユーザーチュートリアルを含めた。


ま、こんな感じかな。

最初の3つの改善はなかなか気が利いてるね。
posted by 中年男 at 21:27| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

Vistaを導入して更新プログラムを適用したら正常起動しなくなった。おいおい。

VistaのGOLDをベースに、SP1&SP2を適用したインストールディスクを作成した。

これもなかなか大変な作業だったな。

ま、それはおいておいて…

せっかく作ったVistaSP2を実際にインストールしてみた。

直後は正しく起動した。

しかし、しばらくして自動更新で更新プログラムが適用されてしまった。

そして、再起動がかかるのだが、ウェルカムセンターが表示された直後やその直前ぐらいで、ディスプレイカードからの出力が途絶え、画面がブラックアウトしてしまう始末。

まるで、ウィルスのような更新プログラムには閉口してしまうなぁ。

最初は原因が分からず、VistaSP2を再インストールしてしまった。
それでも、再び同じトラブル…

しかし、原因は更新プログラムにあると睨んでいたので、更新プログラムが適用されている最中に何が適用されているのか確認していたのだが、やはりディスプレイドライバーを勝手に更新してくれていた。

そこで、リセットして、ネットワークを有効にしたセーフモードで再起動し、NVIDIAのサイトからディスプレイドライバーを入れ直した。

そしたら、目出度く、正常に再起動。

めでたし、めでたし。

(今日の記事は多くの人には役に立たないような気がするので、記事のカテゴリは『日記』にしておいた)

タグ:Windows Vista
posted by 中年男 at 01:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。