2009年08月02日

Vistaを導入して更新プログラムを適用したら正常起動しなくなった。おいおい。

VistaのGOLDをベースに、SP1&SP2を適用したインストールディスクを作成した。

これもなかなか大変な作業だったな。

ま、それはおいておいて…

せっかく作ったVistaSP2を実際にインストールしてみた。

直後は正しく起動した。

しかし、しばらくして自動更新で更新プログラムが適用されてしまった。

そして、再起動がかかるのだが、ウェルカムセンターが表示された直後やその直前ぐらいで、ディスプレイカードからの出力が途絶え、画面がブラックアウトしてしまう始末。

まるで、ウィルスのような更新プログラムには閉口してしまうなぁ。

最初は原因が分からず、VistaSP2を再インストールしてしまった。
それでも、再び同じトラブル…

しかし、原因は更新プログラムにあると睨んでいたので、更新プログラムが適用されている最中に何が適用されているのか確認していたのだが、やはりディスプレイドライバーを勝手に更新してくれていた。

そこで、リセットして、ネットワークを有効にしたセーフモードで再起動し、NVIDIAのサイトからディスプレイドライバーを入れ直した。

そしたら、目出度く、正常に再起動。

めでたし、めでたし。

(今日の記事は多くの人には役に立たないような気がするので、記事のカテゴリは『日記』にしておいた)

タグ:Windows Vista
posted by 中年男 at 01:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。