2010年02月14日

MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-Inを使ってさらにマルチスレッドエンコードしたい方々へ

実は、MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-Inがボトルネックになって、複数スレッドでエンコードしようとしても、マルチコアCPUの能力を使い切れません。

当方、Core i7 860でAVIUTL+MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-Inを使ってx264エンコを良くやっていますが、x264エンコーダを6スレッドで実行しても、CPU使用率は40〜60%で頭打ちになります。8スレッドで実行しても処理時間には僅かな差しか出ません。

最初はx264エンコーダのメモリアクセスにボトルネックがあるのかと思いましたが、どうもMPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-Inにボトルネックがあるようです。

CPUを使いきりたいなら、エンコ自体を2つ走らせるといいです。
(エンコしたいファイルが1つしかないなら仕方ないですけど)

2つ走らせた場合、全体の処理時間は2倍にはならずに1.5倍に延びる程度ですので、逐次エンコードしていくよりは効率良くエンコードできるようです。

ちなみに、AVIUTLを2つ走らせる場合は、AVIUTLのフォルダを2つ用意して、それぞれのAVIUTLを起動しないとエンコに失敗することがあります。(少なくともx264は失敗した)

以上ご参考まで。

Good Luck!



posted by 中年男 at 22:59| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

P7P55DでQRS-UT100Bが動かない方々へ

それなら、BIOSをアップデートしましょう!

私はマザーをP7P55Dに変えたらQRS-UT100Bが動作しなくなり、原因が分からず困り果てていました。

あらゆる条件変更を行いながらかなりの時間のをかけてテストを繰り返し、もうマザーボードに問題があるとしか思えないとの結論に達しました。

もとのマザーに戻す前に念のためBIOSをアップデートしてみるか…と思い、ダメもとでアップデートしたらビンゴでした。良かった〜

でも、BIOSアップデートの前にQRS-UT100Bの故障を疑い、もう1個QRS-UT100Bを中古で買ってしまっていました。この追加で買った中古品QRS-UT100Bも動かなかったときは焦りましたね。あはは。

まぁ、今はダブルチューナーで2番組同時録画とか出来ていますので損したとは思っていませんけどね。



posted by 中年男 at 22:42| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。