2009年07月25日

超便利! Windows Virtual PCの仮想アプリケーションモードがとっても使いやすくなるツール『Vista Start Menu』

Windows Virtual PCの仮想アプリケーションモードがとっても使いやすくなるツールを発見した。

仮想アプリケーションモードを使い始めると、仮想アプリケーションの登録作業がうっとおしくてたまらなくない。そう感じたのは私だけではないだろう。

仮想アプリケーション使用中に別の仮想アプリケーションを追加したくなったなら、仮想マシンを仮想デスクトップとして起動しなおす必要があるし…(仮想ブラウザからインストールできるものはそこまでしなくても良いが)

せめて、スタートメニューを仮想アプリケーションとして起動できないものか…そう考える人は多いだろう。

そんな人にお勧めなのが、

Vista Start Menu

である。

これは、別に仮想アプリケーションモードを使いやすくするために開発されたものではない。あくまで、Windows XPやWindows Vistaに標準装備されている[スタート]メニューに代わる便利なプログラムとして開発されたものである。

通常のスタートメニューは単独のアプリケーションとして存在するものではなく、explorer.exeの機能の一部であり、タスクバーを表示するような特別な動作状態にあるexplorer.exeからしか起動できない。しかし、『Windows Virtual PCを解剖する その6』にも書いたように、仮想アプリケーションモードでは、そのような特別な動作状態のexplorer.exeを使うことができない。

この『Vista Start Menu』は、タスクバー上のスタートボタンを押したら起動され、結果としてexplorer.exeのスタートメニュー機能をうまく置き換えるのだが、実態としては単独のアプリケーションなのである。

頭の回転の速い人ならもうお分かりだろう。GuestOSに『Vista Start Menu』をインストールすると、HostOSのWindows7にも仮想アプリケーションとして登録されるため、仮想アプリケーション用のスタートメニューをいとも簡単に手にいれることができるのだ。仮想アプリケーションとして登録されるということは、GuestOSのスタートボタンがHostOS上になくても大丈夫なわけでもある。

是非、お試しあれ。便利だよ〜。

私は、デスクトップ上に仮想『Vista Start Menu』のアイコンをおいて使うようにした。
posted by 中年男 at 22:09| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。