2009年08月22日

オレの玄箱PRO再起不能??

Debian LennyのHDDレスブート(USBメモリをルートファイルシステムにしてNANDブート)に取り組んでいるが、見事ハマっている。

nvramコマンドを使ってたら、
Abort:nvram area is broken.
といきなり表示されるではないか!

とても嫌な予感(^^;

おそるおそるリブートかけると…あらら…
U-bootの設定が初期状態?に戻ってる orz
それだけならまだしも、MACアドレスまで変わってるぞ!
マジかよ…orz

ルータで玄箱PROに固定IPを割り当てるようにしてたおかげで、MACアドレスはルータ設定に記録されているので、それを見て再設定。

とりあえず、BusyBoxで起動するようにはなった。

nvram -c set bootcmd 'ide reset; ext2load ide 0:1 $(default_kernel_addr) /$(kernel); ext2load ide 0:1 $(default_initrd_addr) /$(initrd); setenv bootargs $(bootargs_base); bootm $(default_kernel_addr) $(default_initrd_addr)'

を実行して再起動したら、目出度く、再びDebian Lennyが復活!

ということで、USBブート化作業を再開したのだが…

エレキジャックの記事を見て、
sh /usr/local/sbin/update_mtd.sh uImage
を実行したら、エラーが出てなんとNANDフラッシュのカーネル書き換えに失敗(泣)

試しにリブートしてみると、やはりカーネルが見つからず、ピーポーピーポーと救急車と同じ音がなる始末(爆)

Windowsマシン上にDebian Lennyのinitrd.buffaloとuImage.buffaloを用意して、TFTPブートも試みたが、ルートファイルシステムをマウントできずにカーネルパニック…orz

一体どうすりゃいいんだ?

それに、なんで解説サイトの通りに行かないことばっか起こるんだ?

やれやれだよ。全く。

まぁ、今夜はもう遅いから寝るか。

おやすみ〜


※10分後の追記

とありあえず、U-bootで
Marvell>> ide reset
Marvell>> ext2load ide 0:1 $(default_kernel_addr) /$(kernel)
Marvell>> ext2load ide 0:1 $(default_initrd_addr) /$(initrd)
Marvell>> setenv bootargs $(bootargs_base)
Marvell>> bootm $(default_kernel_addr) $(default_initrd_addr)
とやったら、HDDブートできてDebian Lennyが起動。しかし、ピーピー音がしてうるさい(泣)

今度こそ、寝る!



posted by 中年男 at 03:07| Comment(0) | 玄箱PRO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。