2009年08月22日

玄箱PROの調子最悪(泣)

どうやらNANDフラッシュの/dev/mtdblock1がお亡くなりになったらしい。

nvramのエリアも幾分死亡している模様。

すくなくともNANDブートは出来なくなった。

HDDブートはうまくいくが、TFTPブートもうまくいかない。

HDDブートもルートファイルシステムをUSBメモリに設定してもなぜかHDDがルートファイルシステムになって立ち上がってくる。(カーネルに渡された起動パラメータがきちんとUSBメモリをルートにするようになっていることは確認してある)

HDDブートにしても、なぜかリブートが失敗する確率が5割以上。

やってらんね〜(泣)

こんなことなら、Fedora8のまんまにしておけば良かった。

Debian LennyにしてUSBルートファイルシステムでNANDブートしようとしたばかりに、ハチャメチャになった。

言っておくが、このようになったのは、俺のせいではない。
壊すようなオペレーションは一切していない。
そういう意味では、Fedora8のまんまでもいずれはこうなったのかもしれない。

いずれにしても、使っていくとしたら、まともにリブートできないHDDブートで使っていくしかない。今更Fedora8に戻す気力もないし、きっと戻そうとしてもまたトラブルに見舞われるに決まっている。

仕方ない、この玄箱Proは捨てる!!
さすがにフラッシュメモリが死んでしまったら、直せない…
コンデンサとかなら交換すればいいけどね…

大して使ってなかったのに勿体無いな…あ〜あ



posted by 中年男 at 14:04| Comment(0) | 玄箱PRO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。