2009年09月29日

Windows Media Player 12はVistaで動くか?

くだらない実験をした(だから今日のカテゴリは日記とした)。

何をしたかと言うと…Windows Media Player 12はVistaで動くか試してみた。

Windows7専用に用意されているバイナリはCOFFヘッダのSUBSYSTEMのバージョンが6.1になっているため、XPやVistaで実行しようとすると『有効な32ビットアプリケーションではありません』というエラーになる。

そこで、Windows Media Player 12の実行ファイルすべてについて、VisualC++に付属しているEDITBIN.exeでCOFFヘッダのSUBSYSTEM情報を6.0に書き換えてみた。

その上で、system32やらにも関連DLLをぶち込んでみたが、Windows Media Player 12はVistaではエラーが出て動作しなかった。残念。あはは。

Hearts.exeとかならCOFFヘッダを書き換えればVistaでも動くかもね。(COFFヘッダのSUBSYSTEM情報を5.0に書き換えてもXPでは動かなかったけどね。どうもVista以降で用意されたAPIを使っているためXPでは動かない模様)

EDITBIN.exeをお持ちで興味を持って同じようなことをトライされたなら、その結果をコメントしてもらえるとありがたいです。
posted by 中年男 at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

MAMMA MIA!

私はABBAが大好きなのだが、本日ようやく遅ればせながら"MAMMA MIA!"のDVDを鑑賞した。

大好きなABBAのミュージカルというだけでも楽しく十分満足なのだが、訳詩を読んだだけではピンと来なかった歌の意味が、このミュージカル映画のおかげでよく分かって大満足!そんな曲が数曲あった。

劇団四季のミュージカルを見ていたのでは、この満足感は得られなかったのでは無かろうか。(勝手な想像。気を悪くした方、ごめんね)

それにしても、ABBAの歌詞を繋げて1つの話を作り上げたなんて凄すぎる。しかも、ABBAのミュージカル仕立てででなくても十分素敵なドラマとして成立するストーリーになっていた。いやはや恐れ入った。

ちなみに、映画の中では、オリジナルのアレンジを踏襲した曲ばかりではなく、独自のアレンジにした曲が何曲かあったが、そのような曲の中でとても印象に残ったのは、アコースティックにアレンジされた"Our Last Summer"と"When All Is Said And Done"であった。

ヨーロッパではABBAの曲をカバーする歌手は多く、結構オリジナルに近いアレンジをするケースが多いように見受けられる。そんな中で先のアコースティックな2曲はとても新鮮だった。

話はそれるが…オリジナルとかけ離れたアレンジと言えば…

"The Winner Takes It All"は数多くのカバーが存在するが、ヘビーメタルのカバーがあるのを皆さんはご存知だろうか?

これがなかなかいいんだよね。結構好きだな。

At Vanceというグループによるカバーがそれである。興味を持たれた方は、一度聞いてみて。リンク先では、ほんの少ししか聞けないけどね、
posted by 中年男 at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

ソースネクスト被害者友の会

2chに『ソースネクスト被害者友の会』というスレッドがあった。

これを読む限り、ソースネクストに直接文句を言っても、とても疲れそう。

国民生活センターに通報して終わりにしておくのが正解かな。


この記事を見て良くわからない方は、直前の日記をご覧下さい。


ラベル:筆王ZERO
posted by 中年男 at 01:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。